ニュース

2015-02-13

半島のじかん2005-2014 in TOKYOを開催します。

半島の次の10年へ。
もういちど、半島の足もとを見つめる。

現行の半島振興法が施行され、今年3月で区切りの10年を迎えます。
その歳月、それは、「半島の豊かさとは何か?」問い直し続けてきた10年でもありました。
都市の利便性や経済性を追いかける従来の発想ではなく、半島の足もとを丁寧に見つめ、それぞれの半島らしさとは何か、その宝とも言うべき資源をどう活かせば地域の活性につながるのか…そう問い続けた結果、半島各地ではさまざまな挑戦や実践が生まれました。この10年は、さらなる飛躍へ、半島の大いなる一歩であったと言えます。
そこで今回の「半島のじかん2005-2014 in TOKYO」のテーマは「原点回帰」です。半島振興法の節目にあたる年に、これまでの積み重ねをしっかりと糧とするべく、それぞれの半島地域の10年を振り返り、シェアしたうえで、これからの半島の在り方、可能性を模索していきたいと思います。半島の飛躍の10年へ、誇れる未来につながる新しい発見や絆が、この“じかん”から生まれることを願っています。

日時 2015年2月28日|土|、3月1日|日|
時間 28日|13:00-------18:00   1日|10:30-------16:00
場所 GINZA FARMERS LaBo(銀座ファーマーズラボ)東京交通会館6F  

主催|国土交通省国土政策局地方振興課半島振興室
後援|半島地域振興対策協議会 半島地域振興対策議会議長連絡協議会 全国半島振興市町村協議会(予定)


--------------------------------------------------------------
詳細はこちらよりダウンロードしてください。
半島のじかん2005-2014 in TOKYOプログラム
--------------------------------------------------------------

■半島のじかん2005-2014 in TOKYOプログラム

◎2/28 sat. 半島らしい地域づくりワークショップ
半島の風土、自然環境、歴史文化、暮らしを活かした地域振興にまつわる数々の取り組み…
その現場に学び、半島の地域づくりの明日を語り合います。
13:00—16:00|平成26年度半島振興プロジェクト成果報告会
16:00—18:00|半島らしい地域づくり交流

◎3/1 sun. 共感を呼ぶ半島コトモノづくりワークショップ
半島の個性に根ざした地域づくり・モノづくりの想いを、いかに多くの人へ伝えていくか…
その極意を学び、磨きます。
10:30—16:00|共感を呼ぶ半島コトモノづくりセッション
ゲストスピーカー|鈴木 正晴(株式会社コンタン代表取締役、「日本百貨店」総合プロデューサー)
齋藤 隆太(株式会社サーチフィールド取締役、地元応援型クラウドファンド「FAAVO」事業部責任者)

◎半島のじかん2005-2014 in TOKYOエキシビジョン
半島のじかんアーカイブ展
商品パッケージや半島ノートなど、過去3回開催された「半島のじかん」の制作物をご覧いただけます。

※「半島のじかん2005-2014in TOKYO」は入場無料です。ただし、座席に限りがあるため、
下記まで事前にお申込ください。また、時間は変更になる可能性があります。


■参加予約・問い合わせ先
「半島のじかん2005-2014 in TOKYO」実行委員会事務局株式会社アール・ピー・アイ
 TEL|03-5212-3411 FAX|03-5212-3414 E-mail|hanto@rpi.co.jp
Facebookページ「半島を行く」https://www.facebook.com/joinhanto


■会場
GINZA FARMERS LaBo(銀座ファーマーズラボ)|
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル6階
JR山手線・京浜東北線「有楽町駅」京橋口・中央口より徒歩1分


■半島関連イベント、都内でぞくぞくと。
「半島のおすそわけin 秋葉原」
日時 3月23日|月|------4月5日|日| 11:00—20:00
半島の人が半島の素材でつくった半島育ちのこだわり商品が並びます。
場所 日本百貨店しょくひんかん|東京都千代田区神田練塀町8-2
    JR山手線・京浜東北線「秋葉原駅」より徒歩5分
主催 全国半島地域づくりネットワーク

PAGE TOP

RPI 通信 詳細はこちら

アール・ピー・アイは、プライバシーマーク制度認定企業です

〒101−0061 東京都千代田区三崎町3-1-16 神田アメレックスビル8階