業務実績

実績検索

年 度:

業務カテゴリ:

業務名:

クライアント:

本 文:

社会・地域開発領域 / 第一次産業領域 / 商工・観光領域 / 教育・福祉領域 /  リサーチ・マーケティング / 
都市計画・空間デザイン / 情報・IT活用 / 業務支援・コンサルティング

リサーチ・マーケティング

東京の中小企業の現状(サービス産業編) (平成28年度) 東京都

本調査は東京都が毎年都内中小企業を対象に行っている調査である。製造業、流通産業、サービス産業の3業種について3年おきに定点観測しているもので、今年度はサービス産業を対象に実施した。10,000事業所を対象にアンケートを行うとともに、回答事業所の中から40事業所を抽出し、ヒアリング調査を実施した。生産性向上に注目が集まるなかで、「ITの利活用」、「海外展開」、「多様な人材活用」に着目し分析を行った。

誰にも伝わる情報発信に関する調査研究 (平成28年度) (公財)東京市町村自治調査会

本調査研究は、行政から住民への情報発信において、「誰にもわかりやすく伝える」ための手法を整理し、自治体職員へ提示することを目的として行った。「わかりやすく伝えること」に対する自治体の取組み状況や住民の評価、先行研究や先進的な取組み事例などを調査した。調査結果をもとに、自治体が「わかりやすい情報発信」に取り組む必要性と取り組みにあたっての課題を整理し、わかりやすい情報発信の取組み手法を提案した。

「食行動」に関する調査補助業務 (平成28年度) 国立大学法人 東京大学

現代の食生活は、「生きる」ための食、「楽しむ」ための食という2つの側面があり、それぞれ意思決定プロセスや消費行動が異なるという仮説の検証と、この考えを元にした将来の適正な食糧供給システムのあり方を研究するための調査実施の補助を行った。調査は、一般消費者に対するグループインタビュー(主婦層、20〜40代会社員層、シニア層の3グループ、計12名)と、インターネット調査(1都3県居住者、3000人)をおこない、先の仮説を検証した。

「新たな食環境に対応した食育活動モデル推進事業」における各種調査 (平成28年度) A社

民間総合食品スーパーにおいて、お客様と店舗の新しいコミュニケーションのあり方を探るため、店頭を活用した新たな食育プログラムの開発をおこなった(弊社はそのうち調査を担当)。いつもお店にいる従業員自身が講師になることで、よりお店への好感を高めてもらうことを狙い、従業員の育成を目的としたプログラム試行や従業員向けのワークショップ、アンケートを実施した。アンケートでは、スーパーの店員という立場を超え、食育実践者として活躍してみたいという積極的な意向が確認できた。

レジャー施設営業戦略検証業務 (平成28年度) J社

大規模レジャー施設における事業効果と今後の方向性の検討を行った。具体的には、前年同時期の実績等を検証し、シーズン毎の集客戦略を検討する会議を毎月開催した。また、商圏エリアにおける来館意向・イメージを把握するためのインターネット調査や、来館者を対象とした満足度調査などを実施・集計し、施策の検証を行なった。さらに、これまでの実績をもとに、次年度の入場者数の予測も行った。

S大学教員アンケート調査・K大学卒業生アンケート調査 (平成28年度) R社

大学をとりまく環境は、少子化や国際化などの影響を強く受け、変革期にある。S大学は新学部の設置にあたり、担当教員のリテラシー、コンピテンシー、および今後に対する不安感などを把握し、新学部の円滑なスタートに向けた材料とした。一方K大学は卒業生に対し在学中の学修経験を振り返ってもらい、現在の仕事や生活との関係の上に何が有効に働いているのかなどを把握し、本校における学びの在り方について検討する材料とした。

結婚情報誌 将来カスタマーに関する定性・定量調査 (平成28年度) RH社

5年後の結婚や結婚式のありようを予測するため、5年後に結婚適齢期を迎える世代(022世代)およびその親を対象に、世代の特性や志向、考え方等を把握する調査を実施した。調査はグループインタビュー調査(定性調査)において022世代の特性や志向等に関する仮説設定を行い、その後Web調査(定量調査)にて設定した仮説の検証を行った。

宿泊旅行調査2016 (平成28年度) RL社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約16,000人に対するインターネット調査を実施した(経年調査であり今年は12回目)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額の推計など、各種の指標を算出した。また、都道府県別カルテ、主要エリア別カルテを及び都道府県別報告書を作成し、各都道府県の観光マーケティングにとって有益な資料として活用されることを狙いとしている。

外食市場調査(2016年4月〜2017年3月分) (平成28年度) RL社

毎月約1万人を対象に、首都圏、関西圏、東海圏における、毎日の夕方以降の外食および中食の実態を調査した(経年調査4回目)。1ヶ月あたりの外食・中食の実施率や回数、単価、外食のシーン、相手、曜日、店舗の業態等を把握し、3圏域別や主要駅を中心とするタウン別のマーケット規模を推計した。調査結果は月例レポートとして毎月発表した。昨年2015年度の外食市場規模(東名阪)は前年度比+1.9%で、延べ回数は減少(-1.7%)したが、単価が上昇(+3.6%)した。

歓送迎会調査2016 (平成28年度) RL社

2016年2月〜2016年4月に行われた歓送迎会について、全国の20〜49歳男女20,000人に対し、参加状況を尋ねるとともに、幹事と参加者合計1,400人に対し、歓送迎会の実態を調査した(経年調査4回目)。特に幹事に対して、店選びにおいてメディアの利用有無や利用したメディア、決定メディア等を尋ね、スマホアプリなど多様化するツールの利用状況を把握した。

忘新年会調査2019 (平成28年度) RL社

2016年11月〜2017年1月に行なわれた忘年会・新年会について、全国の20〜49歳男女10,000人に対し、参加状況を尋ねるとともに、幹事と参加者合計1,800人に対し、忘新年会の実態を調査した(経年調査5回目)。特に幹事に対して、店の選び方、利用メディア、そのメディアの利用理由、キャンセル店舗数、キャンセル理由等を尋ね、忘新年会シーズンの店選びの構造を明らかにした。

結婚トレンド調査2016 / 新生活準備調査2016 / 海外ウェディング調査2016 (平成28年度) RM社

結婚にまつわる様々なマーケットの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性を対象に、3つの調査(1結婚トレンド調査/2新生活準備調査/3海外ウエディング調査)を郵送法で実施した(経年調査:1 1994年〜/2 2005年〜/3 2000年〜)。調査結果から、結婚や新生活に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる事柄の実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析した。

中古車購入実態調査2016 (平成28年度) RM社

中古車販売マーケットの新しいトレンドの創出、クライアント営業ツールとしての活用及び競争力向上を目的として、全国を対象に、中古車販売におけるカスタマーの検討・購買行動やそれに伴う意識、情報メディアの認知度やイメージ・情報入手経路等、中古車購入の実態を把握するWebアンケート調査を行った(経年調査:2015年〜)。調査結果から、全国の中古車購入率を算出し、中古車市場規模を推計した。

MICE関連市場調査 (平成28年度) T社

某市におけるMICE施設の導入検討にあたり、市場可能性を検証するための基礎調査をおこなった。具体的には、先進事例、既存コンベンション関連施設の状況、これまでのMICEに類する会議やイベントの開催状況、宿泊施設の状況、観光の状況などを調査した。

沖縄県におけるコールセンターの現状調査 (平成27年度) 内閣府

沖縄県は国内有数のコールセンター集積県であり、県民の雇用の受け皿としての期待も高い。しかし求人数に対して就職者数は慢性的に不足傾向にあり、離職率の高さも長年の懸案となっている。また業務は高度化し、従来の延長線でコールセンターの将来像を描きにくくなってきている。そこで県内外のコールセンターについて雇用と離職率を定量的に把握したほか、それぞれの将来ビジョンを把握し、県の事業者支援施策立案の参考とした。

「東京都の中小企業の現状(製造業編)」調査委託 (平成27年度) 東京都

東京都が毎年都内中小企業を対象に行っている調査で、製造業、卸・小売業、サービス業の3業種について3年おきに定点観測しているもの。今回は製造業10,000事業所を対象にアンケート調査を行い、回答事業所の中から40事業所を抽出し、ヒアリング調査を実施した。調査テーマとしては、「外部環境変化に対応した持続的経営」、「経営戦略と持続的経営」に注目し、それぞれ高業績事業所とそうでない事業所では、どのような違いがあるか分析した。

平戸市農林水産物流通実態調査 (平成27年度) 長崎県平戸市

平戸市の特産農林水産物について、首都圏における流通実態や購入意向等を把握するためのマーケティング調査を実施した。具体的には、首都圏バイヤーを対象としたWEBアンケートを行い、特に平戸市特産品への関心度の高かったバイヤーに対して訪問ヒアリングを行い、詳細なニーズを把握した。また、首都圏消費者を対象としたWEBアンケートを行い、地域特産品に対するニーズや平戸市特産品の評価等を把握した。これらの結果をもとに平戸市特産品の今後の展開方策に関する提言を行った。

レジャー施設営業戦略検証業務 (平成27年度) J社

大規模レジャー施設における事業効果と今後の方向性の検討を行った。具体的には、商圏エリアにおける旅行動向や来館意向・イメージを把握するためのインターネット調査や、来館者を対象とした満足度調査などを実施し、施策の検証を行うとともに、次年度の入場者数の予測などを行った。

レジャー施設人材活用効率化調査 (平成27年度) J社

労働力人口の減少が大きな社会問題となっている。特にサービス業では深刻な問題となっており、当該施設においても限りある人材をいかに効率的にマネジメントするかが経営課題となっていた。本調査では観光産業特有課題である繁忙期・閑散期の稼働率のギャップを勘案するため、繁閑それぞれ1回ずつ全ての従業員の終日の作業時間を調査した。さらに、これをもとに算出した稼働率と従来の入場者予測に基づき、経験則に頼らないかたちの配番予測システムを構築した。

レジャー施設将来計画策定業務 (平成27年度) J社

大規模レジャー施設における中長期計画を立案するため、レジャー・旅行市場の動向分析や、競合他社の比較分析、当該施設における商品・サービスやターゲットなどについて自社分析を行い、それらの結果を基に、各種施策についてシミュレーションを実施し、今後の方向性や具体的な施策を検討した。

結婚トレンド調査2015 (平成27年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きく変貌している。本調査は、結婚にまつわる様々なマーケットの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性約1.5万人を対象に、郵送法による調査を実施(調査対象、方法は毎年ほぼ同じ)。結婚に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析した。

新生活準備調査2015 (平成27年度) R社

結婚に伴う家具・インテリアや家電製品等の購入実態を把握するため、過去1年間に結婚した全国の女性約1500人を対象に、郵送法による調査を実施(調査対象、方法は毎年ほぼ同じ)。家具・インテリアや家電製品に係る諸費用、住まい、保険など購入実態について、経年変化を分析した。

海外ウェディング調査2015 (平成27年度) R社

海外における挙式、披露宴・披露パーティの実施状況や、それに伴う様々なアイテムの購入実態等を把握するため、過去1年間に結婚した全国の女性約1500人を対象に、郵送法による調査を実施(調査対象、方法は毎年ほぼ同じ)。海外ウエディングに係る諸費用や、海外ウエディングに対する意識等について、経年変化を分析した。

宿泊旅行調査2015 (平成27年度) R社

全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約16,000人に対するインターネット調査を実施した(経年調査であり今年は11回目)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額の推計など、各種の指標を算出した。また、全国都道府県の観光マーケティング資料として活用されることを企図し、都道府県別カルテ、主要エリア別カルテ、都道府県別報告書を作成した。

外食マーケット基礎調査(2015年4月〜2016年3月分) (平成27年度) R社

毎月約1万人を対象に、首都圏、関西圏、東海圏における、毎日の夕方以降の外食および中食(調理済みのものを購入して食べる食事)の実態を調査した。1ヶ月あたりの外食・中食の実施率や回数、単価、外食のシーン、外食の相手、外食の曜日、利用した店舗の業態等を把握するとともに、3圏域別や主要駅を中心とするタウン別のマーケット規模を推計した。調査結果は月例レポートとして毎月発表した。

歓送会実態調査 (平成27年度) R社

2015年2月〜2015年4月に行われた歓送迎会について、全国の20〜49歳男女20,000人に対し、参加状況を尋ねるとともに、幹事と参加者合計1,400人に対し、歓送迎会の実態を調査した(経年調査であり今年は3回目)。特に幹事に対して、店選びにおいてメディアの利用有無や利用したメディア、利用理由を尋ね、スマホアプリなど多様化するツールの利用状況を把握した。

忘新年会実態調査 (平成27年度) R社

2015年11月〜2016年1月に行なわれた忘年会・新年会について、全国の20〜49歳男女10,000人に対し、参加状況を尋ねるとともに、幹事と参加者合計1,800人に対し、忘・新年会の相手、人数、費用、店のジャンル、2次会の実施状況などを調査した(経年調査であり今年は4回目)。特に幹事に対して、店の選び方、利用媒体、検討開始時期と予約時期などを尋ね、忘新年会シーズンの店選びの構造を明らかにした。

中古車購入行動調査2015 (平成27年度) R社

中古車販売におけるマーケット規模や情報入手経路、カスタマーの検討・購買行動やそれに伴う意識、情報メディアの認知度やイメージを把握し、中古車販売マーケットの新しいトレンドの創出、クライアント営業ツールとしての活用および競争力向上を目的として、全国を対象に中古車購入の実態を把握するWebアンケート調査を行った。

沖縄県北部GPS動態調査 (平成27年度) Z社

本事業では、沖縄県北部地域へ観光客の周遊を促すことを目的として、GPSを活用した移動経路調査を実施した。調査は、観光客が所有する携帯電話による位置情報を活用して2通りの分析を行った。通過地点をトレースし移動経路を把握することで観光行動のコース取りの特性、また滞在時間から移動の特性を把握することにより、観光客が集中する資源や地域の傾向を分析した。

持続的な漁業生産額拡大のためのマーケティング支援委託事業 (平成26年度) 沖縄県

特色ある沖縄県産魚介藻類に合ったマーケティング戦略を構築するとともに、同戦略に基づいた戦略的なプロモーションを実施し、沖縄県産魚介藻類の魚価向上及び消費拡大を図った。

リピーター調査 岡山県版 (平成26年度) 岡山県(RL社)

リピーター調査・県版として、岡山県のリピーター・非リピーターを対象に、リピーターの特性や、リピートを促す観光行動・資源等を調査した。県全体だけでなく、県内を3つのエリアに分け、エリア別に観光行動や資源を分析した。

リピーター調査 熱海市版 (平成26年度) 静岡県熱海市(RL社)

リピーター調査・エリア版として、静岡県熱海市のリピーター・非リピーターを対象に、14年2月調査に引き続き、2回目の調査をおこなった。今回は調査時期が9月であったため、季節に応じた観光資源を追加し、認知度や関心度を調査した。

結婚トレンド調査2014 (平成26年度) RM社

新生活準備調査2014 (平成26年度) RM社

海外ウェディング調査2014 (平成26年度) RM社

宿泊旅行調査2014 (平成26年度) RL社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約16,000人に対するインターネット調査を実施した(経年調査であり今年は10回目)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額の推計など、各種の指標を算出した。また、都道府県別カルテ、主要エリア別カルテを及び都道府県別報告書を作成し、各都道府県の観光マーケティングにとって有益な資料として活用されることを狙いとしている。

2014年 歓送迎会実態調査 (平成26年度) RL社

2014年2月〜2014年4月に行なわれた歓送迎会について、全国の20〜49歳男女2万人に対し、参加状況を尋ねるとともに、幹事と参加者合計1400人に対し、歓送迎会の実態を調査した。特に幹事に対して、店選びにおいてメディアの利用有無や利用したメディア、利用理由を尋ね、スマホアプリなど多様化するツールの利用状況を把握した。経年調査の2回目。

2013〜2014年 忘新年会実態調査 (平成26年度) RL社

2014年11月〜2015年1月に行なわれた忘年会・新年会について、全国の20〜49歳男女1万人に対し、参加状況を尋ねるとともに、幹事と参加者合計1800人に対し、忘・新年会の相手、人数、費用、店のジャンル、2次会の実施状況などを調査した。特に幹事に対して、店の選び方、利用媒体、検討開始時期と予約時期などを尋ね、忘新年会シーズンの店選びの構造を明らかにした。経年調査の3回目。

外食マーケット基礎調査(2014年4月〜2015年3月分) (平成26年度) RL社

毎月約1万人を対象に、首都圏、関西圏、東海圏における、毎日の夕方以降の外食および中食(調理済みのものを購入して食べる食事)の実態を調査した。1ヶ月あたりの外食・中食の実施率や回数、単価、外食のシーン、外食の相手、外食の曜日、利用した店舗の業態等を把握するとともに、3圏域別や主要駅を中心とするタウン別のマーケット規模を推計した。調査結果は月例レポートとして毎月発表した。

子育て同盟結婚支援共同調査チーム研究所報告書作成業務 (平成26年度) RL社

「大曲の花火」を活かした産業振興のための基礎調査 (平成26年度) F社

レジャー施設営業戦略検証業務 (平成26年度) J社

大規模レジャー施設における事業効果と今後の方向性の検討を行った。具体的には、商圏エリアにおける来館意向・イメージを把握するためのインターネット調査や、来館者を対象とした満足度調査などを実施し、施策の検証を行うとともに、人口の将来推計や次年度の入場者数の予測などをおこなった。

「東京の中小企業の現状(サービス産業編)」調査委託 (平成25年度) 東京都

東京都が毎年都内中小企業を対象に行っている調査で、製造業、卸・小売業、サービス業の3業種について3年おきに定点観測しているもの。今回はサービス業10000事業所を対象にアンケート調査するとともに、回答事業所の中から40事業所を抽出し、ヒアリング調査を実施した。調査テーマとしては、「経営理念」、「人材育成」、「定着率」に注目し、それぞれ高業績事業所とそうでない事業所では、どのような違いがあるか分析した。

持続的な漁業生産額拡大のためのマーケティング支援委託事業 (平成25年度) 沖縄県

沖縄県水産物の価格向上を目指し、「マグロ類、カジキ類、アオダイ、生モズク、ソデイカ、クルマエビ、マチ類、スジアラ、カツオ、スギ、ブダイ」を対象に、生産・流通実態及びマーケティング調査及びマーケティング方策の検討を行なった。

第24回市政に関する世論調査分析業務委託 (平成25年度) 栃木県鹿沼市

鹿沼市民が市政についてどのように考え、また何を望んでいるのかを統計的に把握し、市政運営に当たっての基礎資料とするために、「暮らしの変化」、「市政に対する現状評価」、「広報活動」、「市民憲章と市歌」、「行政改革の推進」、「新庁舎の整備」、「人権行政」、「かぬまブランド」、「新エネルギー利用の推進」、「文化センターの各種イベント」、「住宅用火災報知機の設置状況」、「消防団の組織見直し」の12項目について、アンケート調査の実施、集計、分析を行った。

結婚トレンド調査2013 (平成25年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわる様々なマーケットの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性約18,000人を対象に調査を実施した(調査対象、方法は毎年ほぼ同じ。ただし、2011年は被災地での調査を行なっていない)。調査結果から、結婚に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析した。

新生活準備調査2013 (平成25年度) R社

結婚直後の新生活における新婚カップルの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性を対象に調査を実施した(調査対象、方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、新生活に係る諸費用や、結婚や新生活、親などとの人間関係に対する意識などの経年変化を地域別に分析した。

海外ウェディング調査2013 (平成25年度) R社

海外で挙式を行う海外ウエディングの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性を対象に調査を実施した(調査対象、方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、海外ウエディングに係る諸費用や実施した内容、海外以外に国内で行った挙式、披露宴・披露パーティの内容などの経年変化を地域別に分析した。

宿泊旅行調査2013 (平成25年度) R社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約16,000人に対するインターネット調査を実施した(経年調査であり今年は9回目)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額の推計など、各種の指標を算出した。また、都道府県別カルテ、主要エリア別カルテ及び都道府県別報告書を作成し、各都道府県の観光マーケティングにとって有益な資料として活用されることを狙いとしている。

リピーター調査・熱海市版 (平成25年度) 静岡県熱海市(R社)

リピーター調査・エリア版として、静岡県熱海市のリピーター・非リピーターを対象に、競合エリアなどの観点も加えた調査を行なった。調査結果をもとに、熱海市のリピーターと非リピーターを比較することによって、熱海市への再来訪(リピート)させる力を分析した。

外食マーケット基礎調査(2013年4月〜2014年3月分) (平成25年度) R社

毎月約1万人を対象に、首都圏、関西圏、東海圏における、毎日の夕方以降の外食および中食(調理済みのものを購入して食べる食事)の実態を調査した。1ヶ月あたりの外食・中食の実施率や回数、単価、外食のシーン、外食の相手、外食の曜日、利用した店舗の業態等を把握するとともに、3圏域別や主要駅を中心とするタウン別のマーケット規模を推計した。調査結果は月例レポートとして毎月発表した。

2013〜2014年 忘新年会実態調査 (平成25年度) R社

2013年11月〜2014年1月に行なわれた忘年会・新年会について、全国の20〜49歳男女1万人に対し、参加状況を尋ねるとともに、幹事と参加者合計1800人に対し、忘・新年会の相手、人数、費用、店のジャンル、2次会の実施状況などを調査した。特に幹事に対して、店の選び方、利用媒体、検討開始時期と予約時期などを尋ね、忘新年会シーズンの店選びの構造を明らかにした。経年調査の2回目。

2013年 歓送迎会実態調査 (平成25年度) R社

2013年2月〜2013年4月に行なわれた歓送迎会について、全国の20〜49歳男女2万人に対し、参加状況を尋ねるとともに、幹事と参加者合計1400人に対し、歓送迎会の実態を調査した。特に幹事に対して、店選びにおいてメディアの利用有無や利用したメディア、利用理由を尋ね、スマホアプリなど多様化するツールの利用状況を把握した。

ファミリー層日帰りレジャー調査 (平成25年度) R社

首都圏の小学生以下の子供のいるファミリーに対し、週末やお休みの日に日帰りで行くお出かけ先について、実態を把握するための調査を設計した。日帰りレジャーの種類別にみた参加頻度、消費単価、滞在時間、移動時間など、全般的な参加実態を把握するとともに、ショッピングモールと地元商店街・個店の対比で、利用目的の違いやイメージの違いを尋ね、レジャーとしての地元消費の可能性を探った。

レジャー施設営業戦略検証業務 (平成25年度) J社

大規模レジャー施設における事業効果と今後の方向性の検討を行った。商圏エリアにおける来館意向・イメージを把握するためのインターネット調査や、来館者を対象とした満足度調査などを実施し、施策の検証を行うとともに、人口の将来推計や国内のレジャー動向に関する統計・調査等の分析を行い、今後の方向性を検討した。

持続的な漁業生産額拡大のためのマーケティング支援事業委託業務 (平成24年度) 沖縄県

平戸市地域資源ブランド化消費者ニーズ調査業務 (平成24年度) 平戸市地域資源ブランド化推進協議会

長崎県平戸市の特産品について、福岡を中心に行ってきたプロモーション事業等の効果検証とともに、平戸市特産品の認知度を関東などの大都市圏で高める方策を検討するための基礎情報を収集した。具体的には、地域ブランド・特産品の購買経験者を対象としたインターネット調査や、首都圏の専門家・バイヤーへのヒアリング調査を実施し、集計や分析を行った。あわせて、平成20年度に実施した調査結果との比較も行った。

レジャー施設営業戦略検証業務2012 (平成24年度) J社

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所事故によって甚大な被害・影響を受けたレジャー施設の復興に向けた方策の検討を行った。また、東京都近郊に在住する来館経験者へのグループインタビューや、商圏エリアにおける来館意向・イメージを把握するためのインターネット調査、来館者を対象とした満足度等を把握するための調査などを実施して、それぞれ集計・分析を行った。平成16年度からの継続事業として、その経年変化についても分析を行った。

結婚トレンド調査2012 (平成24年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわる様々なマーケットの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性約20,000人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象、方法は毎年ほぼ同じ。ただし、2011年は被災地での調査を行なっていない)。調査結果から、結婚に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析した。

新生活準備調査2012 (平成24年度) R社

海外ウェディング調査2012 (平成24年度) R社

結婚見積書調査2012 (平成24年度) R社

結婚式にかかる費用について、実際に結婚式をあげたカップルの当初見積書と最終見積書を収集することにより、見積内容の変動とカップルの評価の関係性等を分析し、式場とカップルの良い関係構築に資する調査を試みた。

宿泊旅行調査2012 (平成24年度) R社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約16,000人に対するインターネット調査を実施した(経年調査であり今年は8回目)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額の推計など、各種の指標を算出した。また、都道府県別カルテ、主要エリア別カルテを作成し、各都道府県の観光マーケティングにとって有益な資料として活用されることを狙いとしている。

リピーター調査2012(全国版) (平成24年度) R社

全国の20〜79歳の男女約4万人を対象に、47都道府県別の宿泊旅行経験を尋ね、各県のリピート率を明らかにした。さらに2次調査では、着地県別のリピーターと非リピーターを抽出し、旅行行動や期待と満足、リピートにつながった意欲、情報源などを聴取することによって、観光地のリピートさせる力を把握することを目的として実施した。

リピーター調査・新潟県版 (平成24年度) 新潟県(R社)

リピーター調査・エリア版として、新潟県のリピーター・非リピーターを対象に、競合エリアなどの観点も加えた調査を行なった。

外食マーケット基礎調査(2012年10月〜2013年3月分) (平成24年度) R社

毎月約1万人を対象に、首都圏、関西圏、東海圏における、毎日の夕方以降の外食および中食(調理済みのものを購入して食べる食事)の実態を調査した。1ヶ月あたりの外食・中食の実施率や回数、単価、外食のシーン、外食の相手、外食の曜日、利用した店舗の業態等を把握するとともに、3圏域別や主要駅を中心とするタウン別のマーケット規模を推計した。

忘新年会実態調査(2013年2月調査) (平成24年度) R社

2012年11月〜2013年1月に行なわれた忘年会・新年会について、全国の20〜49歳男女1万人に対し、参加状況を尋ねるとともに、幹事と参加者合計1800人に対し、忘・新年会の相手、人数、費用、店のジャンル、2次会の実施状況などを調査した。特に幹事に対して、店の選び方、利用媒体、検討開始時期と予約時期などを尋ね、忘新年会シーズンの店選びの構造を明らかにした。

鹿沼市政に関する世論調査 (平成23年度) 鹿沼市

鹿沼市民が市政についてどのように考え、また何を望んでいるのかを統計的に把握し、市政運営に当たっての基礎資料とするために、「暮らしの変化」、「市政に対する現状評価」、「広報活動」、「行政改革の推進」、「環境行政」、「市役所窓口サービス」、「鹿沼市の観光」、「人権行政」、「消防団」の9つの項目について、市に居住する満20歳以上80歳未満の男女2000人を対象にアンケート調査の実施、集計、分析を行った。

空港内聞き取り調査(※羽田空港の更なる国際化の推進に向けたニーズ把握に関する調査の一部) (平成23年度) 横浜観光コンベンションビューロー(R社)

今後の横浜のインバウンド振興の施策等に活用する基礎資料とするため、羽田空港発着便を利用している外国人旅行者を対象に、聞き取り調査を実施した。横浜を訪問した外国人に対しては感想や課題を、また横浜を訪問していない外国人に対しては、なぜ訪問しなかったのか理由を、それぞれ今後の来訪に繋げるためのコメントを聞き取り、外国人旅行者のニーズを把握・整理した。

レジャー施設営業戦略検証業務2011 (平成23年度) J社

東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所事故によって甚大な被害・影響を受けたレジャー施設の復興に向けた方策の検討を行った。また、商圏エリアにおける来館意向・イメージを把握するための調査を定期的(3ヶ月毎)に実施し、集計分析を行った。平成16年度からの継続事業として、その経年変化についても分析を行っている。

結婚トレンド調査2011 (平成23年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわる様々なマーケットの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性約20,000人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象、方法は毎年ほぼ同じ。ただし、2011年は被災地での調査を行なっていない)。調査結果から、結婚に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析した。

新生活準備調査2011 (平成23年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、新婚生活に必要な住居や家具・家電の消費実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した東名阪地域に居住する女性約2,400人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、新婚生活に係る家具・家電の購入実態や、新居の実態などの経年変化を分析した。

海外ウェディング調査2011 (平成23年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわるマーケットの中でも海外挙式マーケットの実態把握に特化し、過去1年間に海外で挙式を行なった東名阪地域に居住する女性約1,200人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、海外挙式に係る諸費用や、披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態などの経年変化を分析した。

宿泊旅行調査2011 (平成23年度) R社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約1.6万人に対するネット調査を実施した(経年調査であり今年は7回目)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額を推計するなど、各種の指標を算出した。また、県別カルテ、主要エリア別カルテを作成し、各県の観光マーケティングの有益な資料として活用されることを狙いとしている。

外食マーケット調査(2012年3月分) (平成23年度) R社

首都圏、阪神圏、東海圏における、毎日の夕方以降の外食および中食(調理済みのものを購入して食べる食事)の実態を調査した。1ヶ月あたりの外食・中食の頻度や単価、外食のシーン、外食の相手、外食の曜日、利用した店舗の業態等を把握するとともに、3圏域別や主要駅を中心とするタウン別のマーケット規模を推計した。

訪日旅行調査 集計・カルテ作成・リリースサポート業務 (平成23年度) R社

アジア3地域(韓国、台湾、中国)から国内観光エリアへの訪日観光者の実態や評価を調査し、情報源や観光目的等を把握するとともに、国内人気観光地ランキングや満足度ランキングを推計した。また、東日本大震災の前後で訪日旅行に期待することを比較し、震災の影響を把握した。

「九州ムラコレ」の首都圏市場調査における「飲食店調査、および認知度向上策の検討」 (平成23年度) K社

九州各地域の隠れた逸品をインターネットで日本国内に発信・販売するWebサイト「九州ムラコレ市場」における首都圏での顧客創出、利用者拡大を目的に、首都圏の飲食店の協力意向調査や、それに関連する「九州ムラコレ市場」の認知度を向上させる施策の検討を行った。さらに、都心の東北および九州各県のアンテナショップや物産店、九州に縁のある都内飲食店の協力のもとで「九州&東北アンテナショップスタンプラリー」を実施し、首都圏における“九州ファン”拡大を行った。

平成22年度 宇都宮市観光動態調査分析業務委託 (平成22年度) 栃木県宇都宮市

平成22年の1年間に、宇都宮市外から、宇都宮市内への旅行・レジャーを目的に訪れた人数、消費単価などを把握するために、栃木県近郊8都県在住の約3千人を対象としてネット調査を行った。本調査は、平成16年からの継続調査であり、調査結果から、都県別来訪者数及び消費額を算出している。

結婚トレンド調査2010 (平成22年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわる様々なマーケットの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性約25,000人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、結婚に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析するとともに、これらの項目の全国値を推計した。

新生活準備調査2010 (平成22年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、新婚生活に必要な住居や家具・家電の消費実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した東名阪地域に居住する女性約2,400人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、新婚生活に係る家具・家電の購入実態や、新居の実態などの経年変化を分析した。

海外ウェディング調査2010 (平成22年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわるマーケットの中でも海外挙式マーケットの実態把握に特化し、過去1年間に海外で挙式を行なった東名阪地域に居住する女性約1,200人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、海外挙式に係る諸費用や、披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態などの経年変化を分析した。

レジャー施設営業戦略検証業務2010 (平成22年度) J社

レジャー施設の集客を拡大し、収益基盤を強化するため、長期休暇の集客戦略の実施効果の検証や、月別の入場者の検証を行った。また、商圏エリアにおける認知度・イメージを把握するための調査を実施し、集計分析を行った。平成16年度からの継続事業として、その経年変化についても分析を行っている。

レジャー施設顧客データ活用業務 (平成22年度) J社

レジャー施設が宿泊経験者に対して毎月郵送しているダイレクトメール(=DM)の実施効果を拡大するため、DMの構成・デザイン及び対象者や郵送時期の設定に関するトライアルを行い、過去実績やトライアル結果について検証・分析を行うとともに、改善提案を行った。

レジャー施設物販データ集計・分析業務 (平成22年度) J社

民間企業の物販スペース改築に伴い、よりよい商品構成や陳列場所・方法等を探るために、物販部門における過去5年間の販売データ(売上、粗利、販売客数)を集計・分析し、売れ筋商品や販売効率、貢献度等のデータを算出した。
また、売上と入場者数の相関分析を行い、入場者数が商品売り上げにどう影響するか、入場者数と相関性の高い商品群は何かといった、商品と入場者数の関係性を分析した。

宿泊施設ポジション等分析業務 (平成22年度) J社

レジャー施設の保有する旅館に類似するタイプの宿泊施設や他観光エリアにおける稼働率等のデータを収集し、指標別に比較を行い、当該旅館の経営の状況についてとりまとめを行った。

宿泊旅行調査2010 (平成22年度) R社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約1.4万人に対するネット調査を実施した(経年調査であり今年は6回目)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額を推計するなど、各種の指標を算出した。また、県別カルテ、主要エリア別カルテを作成し、各県の観光マーケティングの有益な資料として活用されることを狙った。

国内旅行実施者における海外旅行検討実態調査 (平成22年度) R社

民間企業の自主研究として、羽田空港国際化などを背景に、国内旅行から近場の海外旅行へシフトする可能性を調査することを目的として実施した。全国3万人に対し国内旅行・海外旅行の並行検討状況を明らかにするとともに、さらに国内旅行実施者2千人に対し、具体的にどんな国内旅行が、海外旅行と並行検討されたかを調査した。調査結果から、海外旅行から見た国内旅行による機会損失は、健在化しているマーケットの2倍以上の規模であることなどが推計された。

第22回市政に関する世論調査分析業務委託 (平成21年度) 鹿沼市

無店舗販売可能性調査 (平成21年度) J社

国内の電子商取引額が年々増加しているなか、レジャー施設における物販部門の収益拡大を目的として、消費者向けのネットショップを中心とした無店舗販売の新規立ち上げ可能性を検討するための調査を実施した。ネットショップの利用状況や事例等を調査し、収支計画の考え方を整理したうえで、ネットショップ実現性の可否についてとりまとめを行った。

モバイルグルメサイト可能性調査 (平成21年度) R社

旅先でのグルメ情報を探すツールとして、モバイルグルメサイトの可能性を調査することを目的とし、実験的なモバイルサイトを開設し、その内容などについて河口湖周辺の各調査地点にて、調査員が観光客105人に対して直接ヒアリング調査を行った。

旅行商品マーケティング (平成21年度) J社

クライアント企業の商品(国内パック旅行商品)マーケティングを、「WEBアンケート調査」「顧客グループインタビュー」「外部専門家による評価委員会」などにより実施し、アウトプットとして次期商品の評価順位付けと改善提案を行った。

結婚トレンド調査2009 (平成21年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわる様々なマーケットの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性約10,000人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、結婚に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析するとともに、これらの項目の全国値を推計した。

新生活準備調査2009 (平成21年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、新婚生活に必要な住居や家具・家電の消費実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した東名阪地域に居住する女性約1,000人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、新婚生活に係る家具・家電の購入実態や、新居の実態などの経年変化を分析した。

海外ウェディング調査2009 (平成21年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわるマーケットの中でも海外挙式マーケットの実態把握に特化し、過去1年間に海外で挙式を行なった東名阪地域に居住する女性約400人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、海外挙式に係る諸費用や、披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態などの経年変化を分析した。

レジャー施設営業戦略検証業務2009 (平成21年度) J社

レジャー施設の集客を拡大し、収益基盤を強化するため、長期休暇の集客戦略の実施効果の検証や、月別の入場者の検証を行った。また、商圏エリアにおける認知度・イメージを把握するための調査を実施し、集計分析を行った。平成16年度からの継続事業として、その経年変化についても分析を行っている。

宿泊旅行調査2009 (平成21年度) R社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約1.4万人に対するネット調査を実施した(経年調査であり今年は5年目)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額を推計するなど、各種の指標を算出した。

平成20年度 宇都宮市観光動態調査設計分析業務委託 (平成20年度) 栃木県宇都宮市

平成20年の1年間に、宇都宮市外から、宇都宮市内への旅行・レジャーを目的に訪れた人数、消費単価などを把握するために、栃木県近郊8都県在住の約3千人を対象としてネット調査を行った。本調査は、平成16年からの継続調査であり、調査結果から、都県別来訪者数及び消費額を算出している。

結婚トレンド調査2008 (平成20年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわる様々なマーケットの実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した全国の女性約8,000人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、結婚に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析するとともに、これらの項目の全国値を推計した。

新生活準備調査2008 (平成20年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、新婚生活に必要な住居や家具・家電の消費実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した東名阪地域に居住する女性約1,000人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、新婚生活に係る家具・家電の購入実態や、新居の実態などの経年変化を分析した。

海外ウェディング調査2008 (平成20年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわるマーケットの中でも海外挙式マーケットの実態把握に特化し、過去1年間に海外で挙式を行なった東名阪地域に居住する女性約400人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、海外挙式に係る諸費用や、披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態などの経年変化を分析した。

レストラン・ハウスウェディング(ゲストハウス)調査2008 (平成20年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、結婚にまつわるマーケットの中でもレストランウエディングマーケットの実態把握に特化し、過去1年間にレストランで挙式を行なった東名阪地域に居住する女性約400人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、結婚に係る諸費用や、レストランで挙式を行なった人の挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析した。

レジャー施設営業戦略検証業務2008 (平成20年度) J社

レジャー施設の集客を拡大し、収益基盤を強化するため、集客戦略の立案サポート及び実施効果の検証を行った。加えて、観光・レジャー産業においては、地域との連携が重要であることから、地域の観光地としてのイメージや来訪経験についての調査や、地域と連携した広報活動のサポートも行った。また、平成16年度からの継続事業として、その経年変化についても分析を行っている。

宿泊旅行調査2008 (平成20年度) R社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約1.4万人に対するネット調査を実施した(経年調査)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額を推計するなど、各種の指標を算出した。

イワシを使用した新開発加工商品マーケティング調査業務 (平成19年度) 千葉県水産加工業協同組合連合会(M社)

千葉県特産のイワシを原材料とした菓子開発を進めるにあたり、試作品のテストマーケティングを県内百貨店を会場に実施した。

自動車用部品の高度化に資する鋳鉄用原材料調査 (平成19年度) (財)いわて産業振興センター

自動車用部品の鋳鉄用原料となるスクラップ材料の流通状況及び、不要金属除去の条件について調査、把握した。

平成19年度 宇都宮市観光動態調査設計分析業務 (平成19年度) 栃木県宇都宮市

平成19年の1年間に、宇都宮市外から、宇都宮市内への旅行・レジャーを目的に訪れた人数、消費単価などを把握するために、栃木県近郊8都県在住の約3千人を対象としてネット調査を行った。本調査は、平成16年からの継続調査であり、調査結果から、都県別来訪者数及び消費額を算出している。

第21回市政に関する世論調査分析業務 (平成19年度) 栃木県鹿沼市

結婚トレンド調査2007 (平成19年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、その実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した女性約6600人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、結婚に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析するとともに、これらの項目の全国値を推計した。

新生活準備調査2007 (平成19年度) R社

海外ウェディング調査2007 (平成19年度) R社

レストランウェディング調査2007 (平成19年度) R社

レジャー施設営業戦略検証業務2007 (平成19年度) J社

レジャー施設の集客を拡大し、収益基盤を強化するため、集客戦略の立案サポート及び実施効果の検証を行った。加えて、観光・レジャー産業においては、地域との連携が重要であることから、認知度・ブランドの拡大に伴う地域への経済波及効果の推計や、地域と連携した広報活動のサポートも行った。また、平成16年度からの継続事業として、その経年変化についても分析を行っている。

宿泊旅行調査2007 (平成19年度) R社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約1万人に対するネット調査を実施した(経年調査)。調査結果から、全国および各都道府県別の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額を推計するなど、各種の指標を算出した。

文京区事業所ごみ排出・処分実態調査 (平成18年度) 東京都文京区

文京区では、リサイクルの推進やごみの減量を図るため、区内の家庭や事業所で発生するすべての不用物を「モノ」としてとらえ、その流れと量を管理しながら数値目標を達成することに努めてきた。平成10年度から事業者のごみ減量とリサイクルに関する取り組みを定期的に事業所アンケート調査を実施してきた。本調査は、ごみ減量やリサイクルに対する事業所の姿勢、ごみや資源の発生量と処理方法について定量的に把握すると伴に、前回調査との比較によりその変化を明らかにした。

平成18年度 宇都宮市観光動態調査設計分析業務 (平成18年度) 栃木県宇都宮市

平成18年の1年間に、宇都宮市外から、宇都宮市内への旅行・レジャーを目的に訪れた人数、消費単価などを把握するために、栃木県近郊8都県在住の約3千人を対象としてネット調査を行った。本調査は、平成16年からの継続調査であり、調査結果から、都県別来訪者数及び消費額を算出している。

結婚トレンド調査2006 (平成18年度) R社

近年、結婚式の形態が多様化し、それに関連するサービス産業も大きな変貌を余儀なくされている。本調査は、その実態を明らかにするため、過去1年間に結婚した女性約6000人を対象に、郵送法による調査を実施した(調査対象・方法は毎年ほぼ同じ)。調査結果から、結婚に係る諸費用や、挙式・披露宴・新婚旅行など結婚にまつわる各種イベントの実態、結婚に対する意識などの経年変化を地域別に分析するとともに、これらの項目の全国値を推計した。

新生活準備調査2006 (平成18年度) R社

レジャー施設営業戦略検証業務2006 (平成18年度) J社

宿泊旅行調査2006 (平成18年度) R社

民間企業の自主研究として、全国の宿泊旅行に関わる実態を把握することを目的に、約1万人に対するネット調査を実施した(経年調査)。調査結果から、全国の延べ宿泊旅行者数や宿泊旅行費用総額を推計するなど、各種の指標を算出した。

リゾート物件購買実態・動向に関する調査業務 (平成18年度) R社

全国のリゾート物件の保有実態・保有計画及びその顧客志向を把握することを目的に、民間企業の自主研究として、ネット調査を実施した。まず、全国約1万人に対し、リゾート物件購入経験及び今後の購入意向を調査し、購入経験者・希望者の出現率を分析した(1次調査)。さらに、過去10年以内の購入経験者約1200人、具体的な検討行動を行っている購入希望者約2600人に対し、購入実態や希望条件等について調査し(2次調査)、保有実態と保有需要のバランスなどについて分析した。

無代誌調査浸透度及び行動調査2006 (平成18年度) R社

新しい媒体としての無代誌(フリーペーパー)は急速に発行部数を拡大し、情報誌として定着しつつある。そこで本調査では、各無代誌の浸透度を把握するとともに、無代誌利用に関与する行動様式、流通経路、取得経路等を明らかにすることを目的とし、首都圏約4千人、地方都市約700人に対するネット調査を実施した。調査結果から、各領域における無代誌の浸透度や、属性別の利用度、アクション率を高める要因等を分析した。

求職行動実態調査2007 (平成18年度) R社

近年の求職形態は、民間機関による求人情報、IT活用等、多様化している。本調査では、各種求人情報源の認知度や利用状況、今後の利用意向等を明らかにすることを目的に、首都圏約5千人、地方都市約1千人に対し、郵送調査を実施した(経年調査)。調査結果から、若年層/主婦層/転職希望者層別の求人情報源の利用状況を分析し、各層によって、有料誌・無代誌(フリーペーパー)・チラシ・ネットを使い分けている状況が明らかとなった。

求人情報誌顧客満足度調査 (平成18年度) R社

PAGE TOP

〒101−0061 東京都千代田区三崎町3-1-16 神田アメレックスビル8階